レアメタルのリサイクルは? レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルを再生?

捨てればゴミ、集めれば再生の未知が開かれるというのは、資源の再利用です。

それは、一般に言うゴミばかりではなく、資源ではなく、レアメタル再生が行われています。

お手元にある携帯電話、パソコン。新しいものを買えば、今まで使っていたものは不用品。そこで絶対にごみには出さず、リサイクルに出してください。

機器に入っているレアメタル再生され、また新しい機器が生まれます。

価格高騰、資源のない日本にとって、レアメタル再生は死活問題となっています。輸入に頼る日本にとって、リサイクルから再生させるレアメタルは重要な存在です。

レアメタル資源はやがて枯渇しますし、再生行為と同時に代替品の開発も重要なことです。

リサイクルは、消費者側の意識改革が最も大切ですから、必ずリサイクル、覚えておきましょう。

経済産業省のレアメタル対策

経済産業省ではレアメタルを「現在、工業用需要があり今後も需要があるもの」と、「今後の技術革新に伴い新たな工業用需要が予測されるもの」の計31鉱種と定義しています。

レアメタルをはじめとする限りある金属資源のリサイクルへの関心が高まっており、日本ばかりではなく世界的な動きとなっています。

2007年7月、経済産業省は「今後のレアメタルの安定供給対策」を発表しました。

その中で、経済産業省が掲げる重要事項として、海外資源開発の強化、代替材料開発の推進、備蓄の維持・推進、そして、リサイクルの推進を挙げています。

日本国内で資源としてレアメタルを確保するためには、製造工程で発生するくずや、携帯電話、電子機器などの使用済み製品からリサイクルをすることです。
経済産業省では、このリサイクルに力を注いでいます。

経済産業省をはじめ、このリサイクルから生まれるレアメタルは日本国内に存在する貴重な資源として注目しています。

レアメタルと都市鉱山

レアメタルの都市鉱山とは、大量に廃棄される家電製品などの中に存在する有用なレアメタルなどを鉱山に見立て、そこから資源を再生・有効活用しようというリサイクルの概念です。

最近はレアメタル価格の高騰により、携帯電話やパソコンからレアメタルを回収する取組みが注目を集めています。

日本は、レアメタルのを含有するハイテク機器の消費大国であることから、世界有数の都市鉱山の資源大国です。

本来は資源として地価に眠るレアメタルですが、モノが溢れている日本にとっては、ゴミの山こそが都市鉱山としてレアメタルが眠る山と言うことになります。

ただし、リサイクルは消費者の意識改革が大前提となるため、都市鉱山を築くのもやはり消費者ということになります。

リサイクルは進んでいるとはいえ、レアメタルを含む機器を廃棄処分にする際に、都市鉱山に廃棄できるかが、鍵となっています。

レアメタルの代替材料について

レアメタルとは、現在、家庭用品から産業機械・ハイテク分野に欠かせない存在となっています。

しかし、産出国が少ないことや、供給が需要に追いつかないため、世界中でレアメタルの獲得合戦が続いています。

そんな中、レアメタル代替材料を作る技術開発が進められています。そのほかにもレアメタルのリサイクルの促進など、レアメタルを取り巻く環境はにぎやかになっています。

レアメタル代替材料の開発は、超微細技術であることから、高い技術開発力を持つ日本の動向に注目が集まっています。

現在、あちこちでこのレアメタル代替材料を議題としたシンポジウムなどが盛んに行われ、どこも盛況となっています。

絶対に必要な素材であることから、このような代替材料の出現は、世界でも大きな課題でもあります。

特に日本ではレアメタルは輸入に頼っている面が多く、代替材料の期待が大きいといえます。

レアメタルのリサイクル

希少金属と訳されるレアメタル

希少ゆえに、リアメタル消費大国日本としては、リサイクルレアメタルの確保をしたいところです。

不要携帯電話の回収、リサイクルや金属スクラップの回収などリサイクル業界でもレアメタル回収に注力しています。

しかし、現実はまだまだといったところで、リサイクル業界はあれこれと対策を構築している段階です。

レアメタルが使われている製品に囲まれて生活している日本としては、このリサイクルによってのレアメタルの確保が重要な事となっています。

政府もレアメタルリサイクルに対して、推進策を導入する方針を立てています。

レアメタル買取事情

リサイクルという言葉が一般的になっている現在、さまざまなものがリサイクルされていますが、レアメタルもその一つに入ります。

レアメタルというのは、鉄や銀といったメジャーメタルではなく、希少金属であるニッケルやインジウムといったもので、それらレアメタルを使った製品の代表としては携帯電話や液晶テレビといったものです。

ですから、レアメタルが希少であっては困ることで、需要の拡大を背景に、レアメタル買取をする企業も増加しています。

レアメタルを含む製品の買取を行い、リサイクルをすることによって、レアメタルの確保というのが目的ですが、リサイクルの概念からいっても、地球に優しいことといえます。

さまざまなものに含まれるレアメタルですが、身近なものに携帯電話、自動車があります。

それらの買取をする企業は増えていて、政府としても促進されています。

金属スクラップ買取では、レアメタルが含まれていると高額買取という優遇があったりと、レアメタルをめぐるリサイクルの動きは始まっています。

レアメタルの回収とリサイクル

希少金属として、最近注目を浴びているレアメタル

レアメタルは資源ですから限りがあります。

そこで、注目されるのが、廃棄物からのレアメタルのリサイクルです。

携帯電話の回収、パソコンの回収、自動車もリサイクル料金があり、それらの廃棄物からレアメタル回収使用といいう趣旨のものです。

これら回収されたものから、レアメタルを又回収する技術は進んでいます。

限りある資源を有効利用する意味においても、この回収という行為はとても理にかなったものです。

問題は消費者がそういったリサイクルの理念を理解し、回収ということを心がけること、そこまでリサイクルの考えが浸透することです。