レアメタルの特徴 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルの価値とは?

レアメタルとは非常に貴重な資源の中で、比較的に少量しか取れない、または精錬に高度な技術を要する金属です。

そして、レアメタルは現在、とても需要も価値も高い金属です。

レアメタルは携帯電話や液晶テレビ、ノートパソコンなどに使われています。

このレアメタルの価格が商品の価格に影響するくらいマーケットの要になっています。現在は、レアメタルの価格は高騰を続けています。

また、日本が製造している家電製品や生活製品のほとんどに半導体が入っていますが、必ずインジウムやガリウムなどのレアメタルを使用しなければ完成できません。

このようにレアメタルは価格も高いものですが、レアメタルの価値そのものも大きいものとなっています。

今後は、限りある資源ということで、レアメタルの代替品やリサイクルの開発が急務となっていますが、レアメタルの価値そのものは変わりませんが、商品の価値はどうなるでしょう。

今は自動車に使われている白金も、代替品があるという報告もあります。かといって、自動車の価値そのものは変わらないとは思いますが、代替品が多く生産されれば、半導体の入った機器は安くなるのでしょうか?

レアメタルの機能とは?

レアメタルの用途は大きく分けて3つあり、構造材への添加 、電子材料・磁性材料、機能性材料です。

そのうち、機能性材料というのは、レアメタル機能することで、そのものが存在するもので、光触媒、磁気光学媒体、EDレンズ等の光学ガラス、ニューガラスと呼ばれる透明電極などがあります。

どれもいわゆる先端技術のものということなりますが、ここにきてレアメタル機能をふんだんに利用できるような技術開発が花開いたといえます。

これからは、レアメタルの更なる開発と、高価なレアメタルに変わる代替品の開発、リサイクルの促進など、レアメタル機能に関係する環境は色々とあります。

イリジウムというレアメタル

レアメタルの一つイリジウムは、虹の様に様々な色調を示す事から、ギリシャ神話の虹の女神イリスにちなんで名付けられたものです。

イリジウムは、白金族元素で、レアメタルの元素の中では比重が一番重たいものです。

白金とイリジウムの合金は硬度が高く、キログラム原器、メートル原器などの検査機器のレアメタルとして使われています。

また、耐熱性に優れている性質から、イリジウムは工業用のるつぼ、自動車の点火プラグの電極とか、耐食性・耐摩耗性に優れている性質から、高級万年筆のペン先の材料として用いられています。レアメタルの用途が広と言うことが改めて分かります。

お手元の携帯電話の内部にもイリジウムがあります。

レアメタルが豊富な南アフリカや北極の氷の中、隕石にもイリジウムは含まれています。

タングステンというレアメタル

レアメタルの中のタングステンは電球のフィラメント材料として使われています。

電球のフィラメントの用途のようにレアメタルのタングステンは、熱に非常に強い金属です。

タングステンは金属の中で最も高い温度でしか溶けることがありません。タングステンというレアメタルのおかげで電球の長寿命化が一気にすすんだわけです。

鉛よりも重いレアメタルとして、少ない場所でたくさんの重量が必要なところに使われるタングステンです。

鉛が環境によくない物資であるので、その代替え材料としてレアメタルのタングステンが用いられることもあります。

タングステン自体はやわらかい金属ですが、不純物を入れることにより非常に硬いものになります。

レアメタルは希少金属

レアメタルを直訳すると希少金属と言うことになります。

埋蔵量が少ないといわれるレアメタルですが、実はまだどのくらいのものがあるのかわかっていません。

ただし、レアメタルを素材として、加工するまでの過程がしても困難な現在、希少金属と言われる所以でもあります。

鉄や金のように、安易に素材として使えるようになったり、代替材料の開発が行われるとレアメタル希少金属ではなくなり、インジウムやチタンといった呼称で呼ばれることとなるでしょう。

まだ、一般的ではないという意味でも希少金属には間違いありません。

携帯電話など、数種類のレアメタルが使われているものもあり、製品になった時点では、希少金属もあったものではないですが、今の時点では、レアメタルではあることは確かです。

レアメタルの特徴

レアメタルとは、埋蔵量が少ない金属や、経済的・技術的に抽出困難な金属の総称です。

レアメタルの特徴として、ごくわずかな量を添加するだけで製品の機能を増大させることが可能ということです。

その特徴を生かし、家庭用品から産業機械、ハイテク分野の製品まで幅広く用いられています。

また、レアメタルは、銅・亜鉛・ニッケルなどの副産物として生産される場合が多いため、生産量は主産物の生産に左右されるという特徴もあります。

このような理由から、将来、安定供給が困難となる可能性が非常に高く、精錬には高度な技術や大量のエネルギーが必要とされています。

資源の埋蔵量そのものも少なく、埋蔵鉱量や生産量が特定の国だけに偏っているという特徴もあります。

現在は、製造工程で発生するくずや使用済み製品からレアメタルをリサイクルが可能になっています。

日本国内にはリサイクルという面から言うと豊富なレアメタルが眠っているとされ、貴重な資源として注目されています。

素晴らしい特徴を持つレアメタル。輸入に頼らず日本国内のリサイクルで賄うまでというのは無理でしょうけれど、リサイクル促進のためには、国民全体の意識向上も大切な原動力となります。

レアメタルの種類について

レアメタルは、絶対に欠かすことのできない重要な資源なのですが、埋蔵量が少なかったり、埋蔵量は多いものの抽出が技術的にも困難な金属です。

希少金属とも呼ばれ、レアメチルには31種類あります。

ネオジムやランタンなどの希土類(レアアース)は性質が似ており、17元素を1種類と数えています。

鉄や銅、アルミニウムなどのベースメタルに比べて使用量は少ないものの、電子機器や自動車などにたくさんの種類レアメタルが幅広く利用されています。

例えば、携帯電話は数種類レアメタルが使用されており、レアメタルの宝庫ともいえます。

特定の国・地域で産出できないことから、供給不安や価格変動のリスクが高いのが現状です。

日本ではニッケルやタングステンなどの7種類を対象とする国家備蓄制度を設けて、供給障害の長期化や価格高騰などの緊急時に備えています。

レアメタルの特徴とは?

レアメタルは、存在量が少ない金属や、経済的・技術的に抽出困難という特徴がある金属の総称です。

ごくわずかな量を添加するだけで製品の機能を高めることができる特徴があります。

そのリアルメタルの特徴を利用して、家庭用品から産業機械、ハイテク分野の製品まで幅広く用いられています。

レアメタルは、抽出されるだけではなく、銅・亜鉛・ニッケルなどの「ベースメタル」の副産物として生産される特徴もあります。

ということは、銅などのベースメタル部分の量が多いとそれだけ多くのリアルメタルも取れるということです。

しかし、レアメタルもベースメタルも資源ですから、限りがあるものです。また、精錬には高度な技術や大量のエネルギーが必要とされていて、資源の埋蔵量が少なく、埋蔵鉱量や生産量が特定の国だけに偏っているという特徴もあります。