レアメタルとは? レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

エネルギー資源とレアメタル

原油、石炭などのエネルギー資源は一般的ですが、レアメタルも大切な資源です。

エネルギー資源がないと国は動きません。何も動かすことはできないですが、レアメタルがなくたってと思いがちですが、日本の機器のほとんどにレアメタルが使われているという現状があります。

ということは、レアメタルがなければ、この快適な生活ができないということは、エネルギー資源と同様重要なものといえます。

レアメタルエネルギー資源と同様なのが、ほとんど輸入に頼っている点です。

そして、資源だということで、いつかは枯渇する運命にあります。

世界的に需要の大きさでもエネルギー資源レアメタルは同じといえますが、やはりここでも争奪戦が繰り広げられています。

レアメタルとは?

レアメタルとは、レアは希少、メタルは金属のことです。

ですから、非鉄金属のうち、様々な理由から産業界での流通量・使用量が少なく希少な金属のことをいいます。

レアメタルは、鉄、銅、亜鉛、アルミニウム等のメジャーメタルや金、銀等の貴金属以外で、産業に利用されている非鉄金属を指します。

投資の世界でレアメタルというと、商品先物でいうプラチナ、パラジウムです。それほど一般的ではないですが、市場が小さいということもあり、チャートの動きが激しい取引となっています。

世界的にみてもレアメタルということですが、工業用としては不可欠なものであり、今後レアでなくなる可能性はありますが、レアだからこそ、投資としての価値があるいうことです。

鉱物に関しては、未開発の土地が世界中に散らばっています。レアメタルの今後に期待です。