レアメタルの画像調査 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルの画像調査

今まで日本はレアメタルを中国の輸入が多かったのですが、新規開拓という意味でもアフリカとアフリカでは共同地質調査を通じてレアメタルを日本が確保することで合意しました。

南アフリカは自動車の排気ガス浄化触媒などに使われるレアメタルの白金生産量で世界の80%を占めている。

別のレアメタルのクロム鉱石や稀土類も大量に埋蔵されています。

日本の衛星を通して撮影した地質画像を分析し、レアメタルが埋蔵している場所を見つける作業を行う予定です。

実際に、レアメタルがあるかどうかの調査は、画像を使っての作業が大きな鍵となります。
レアメタルの開発を支える技術に関しては、資源こそない日本ですけど、画像技術などに関しては、日本は最先端をいきます。

レアメタルが眠っているという地域を採掘する際には、画像でもないと闇雲に採掘するわけにはいきません。

今後の南アフリカの地質画像調査、宝の山がありますように。