経済産業省のレアメタル対策 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

経済産業省のレアメタル対策

経済産業省ではレアメタルを「現在、工業用需要があり今後も需要があるもの」と、「今後の技術革新に伴い新たな工業用需要が予測されるもの」の計31鉱種と定義しています。

レアメタルをはじめとする限りある金属資源のリサイクルへの関心が高まっており、日本ばかりではなく世界的な動きとなっています。

2007年7月、経済産業省は「今後のレアメタルの安定供給対策」を発表しました。

その中で、経済産業省が掲げる重要事項として、海外資源開発の強化、代替材料開発の推進、備蓄の維持・推進、そして、リサイクルの推進を挙げています。

日本国内で資源としてレアメタルを確保するためには、製造工程で発生するくずや、携帯電話、電子機器などの使用済み製品からリサイクルをすることです。
経済産業省では、このリサイクルに力を注いでいます。

経済産業省をはじめ、このリサイクルから生まれるレアメタルは日本国内に存在する貴重な資源として注目しています。