レアメタルと発見者 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルと発見者

日本でレアメタルというと、31種類ありますが、名前の由来については、発見者の名前からとったものや発見者の祖国に関係していることが多いです。

もともと、モノの名前は発見者にちなんで付けるものが多いですが、レアメタルに関しても同じです。

希少金属としてのレアメタルの発見は1700年〜1900年にかけ、科学者、鉱物学者などが発見者となりレアメタルが世に出ることになりました。

それから100年以上経った現代、レアメタルの重要性が改めて認められているとことです。

これほどまでに、レアメタルが活躍しているとは、それぞれの発見者は、この状況を見てどう言うでしょうね。