一番高いレアメタルとは? レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

一番高いレアメタルとは?

一番高いレアメタルというと、白金、プラチナです。

自動車産業では白金やパラジウム等がなければ排ガス規制をクリアできる自動車を製造できないのです。

自動車一台は高価なものですから、採算が合うものの、一番高いレアメタルとしては、安価なものに対しては、なかなか使えないものとなっています。

実は自動車にしても、ハイブリットカーなどになると、一番高いレアメタルの白金の量は今の半分になるといわれています。

一番高いという白金の取引価格は金の数倍と言われ、また投機の対象となる場合もあり、高騰が続く可能性もあるレアメタルです。

日本は輸入に全面的に頼っているため、為替との関係から、一番高いといわれる白金がより高い存在になってしまう現状があります。

レアメタルに関しては、代替材料の開発、リサイクルの促進などで、日本国内で確保できるような動きが活発に行われています。