レアメタルは希少金属 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルは希少金属

レアメタルを直訳すると希少金属と言うことになります。

埋蔵量が少ないといわれるレアメタルですが、実はまだどのくらいのものがあるのかわかっていません。

ただし、レアメタルを素材として、加工するまでの過程がしても困難な現在、希少金属と言われる所以でもあります。

鉄や金のように、安易に素材として使えるようになったり、代替材料の開発が行われるとレアメタル希少金属ではなくなり、インジウムやチタンといった呼称で呼ばれることとなるでしょう。

まだ、一般的ではないという意味でも希少金属には間違いありません。

携帯電話など、数種類のレアメタルが使われているものもあり、製品になった時点では、希少金属もあったものではないですが、今の時点では、レアメタルではあることは確かです。