新素材としてのレアメタル レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

新素材としてのレアメタル

金属といえば鉄や銅、アルミニウムといったところですが、最近では新素材としてレアメタルのチタン、インジウム、コバルトなど出回っています。

既に新素材レアメタルは、すでに身の回りのたくさんのものに使われています。

特に新しい電子デバイスや新素材などには、レアメタルが使われている可能性が非常に高く、便利な生活は、レアメタルが支えているといっても過言ではありません。

レアメタルは、使われ始めた初期の頃においては鉄などの金属の特性を改善する為の添加剤としての用途が多かったので『産業のビタミン』と呼ばれていました。

しかし、現在はレアメタルの用途が広がるにつれ、レアメタル自体の特性をより生かし新素材の主材料として使われる割合も増えてきています。

まだ発見されていない未知の可能性を秘めたレアメタルは、まだまだ地下に眠っています。