レアメタル市場の今と今後 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタル市場の今と今後

ハイテク機器欠かせないレアメタルは、世界中で需要が高まっており、レアメタル市場はここ数年で5倍近い水準で広がっています。

しかし、レアメタルは流通規模が小さく公正な市場価格の形成維持が困難なため、商品取引所に上場していません。

経済紙や金属専門雑誌、WEBニュースでの流通価格情報が取引の指標として用いられており、取引の透明性や即時性、流動性に乏しいものとなっています。

もともとそれほど流通の必要もなかったレアメタルでしたから、市場のにぎわいも静かでした。

しかし、ハイテク機器の増大や新興国の発展など、レアメタル市場をにぎわす材料が出てきたことにより、高騰を続けています。

需要を満たすため、代替材料の開発に注力していますが、本当に代替材料が豊富に出始めると、今度はレアメタル市場の急落ということで、乱高下の気配すら感じさせます。

果たして、レアメタル市場の構図の変わり目はいつになるのか、供給が追いつき下落か、このまましばらくは高騰を続けるか?