レアメタルの特徴 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルの特徴

レアメタルとは、埋蔵量が少ない金属や、経済的・技術的に抽出困難な金属の総称です。

レアメタルの特徴として、ごくわずかな量を添加するだけで製品の機能を増大させることが可能ということです。

その特徴を生かし、家庭用品から産業機械、ハイテク分野の製品まで幅広く用いられています。

また、レアメタルは、銅・亜鉛・ニッケルなどの副産物として生産される場合が多いため、生産量は主産物の生産に左右されるという特徴もあります。

このような理由から、将来、安定供給が困難となる可能性が非常に高く、精錬には高度な技術や大量のエネルギーが必要とされています。

資源の埋蔵量そのものも少なく、埋蔵鉱量や生産量が特定の国だけに偏っているという特徴もあります。

現在は、製造工程で発生するくずや使用済み製品からレアメタルをリサイクルが可能になっています。

日本国内にはリサイクルという面から言うと豊富なレアメタルが眠っているとされ、貴重な資源として注目されています。

素晴らしい特徴を持つレアメタル。輸入に頼らず日本国内のリサイクルで賄うまでというのは無理でしょうけれど、リサイクル促進のためには、国民全体の意識向上も大切な原動力となります。