レアメタルの種類について レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルの種類について

レアメタルは、絶対に欠かすことのできない重要な資源なのですが、埋蔵量が少なかったり、埋蔵量は多いものの抽出が技術的にも困難な金属です。

希少金属とも呼ばれ、レアメチルには31種類あります。

ネオジムやランタンなどの希土類(レアアース)は性質が似ており、17元素を1種類と数えています。

鉄や銅、アルミニウムなどのベースメタルに比べて使用量は少ないものの、電子機器や自動車などにたくさんの種類レアメタルが幅広く利用されています。

例えば、携帯電話は数種類レアメタルが使用されており、レアメタルの宝庫ともいえます。

特定の国・地域で産出できないことから、供給不安や価格変動のリスクが高いのが現状です。

日本ではニッケルやタングステンなどの7種類を対象とする国家備蓄制度を設けて、供給障害の長期化や価格高騰などの緊急時に備えています。