レアメタルの埋蔵量って? レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルの埋蔵量って?

レアメタルとは、元々埋蔵量が少ないか、埋蔵量は多いけれど、純粋な金属として抽出することが難しく、素材として利用できる資源量が限られているものを言います。

需要面から言うと、レアメタルの特性はどれも現在の機器には欠かすことのできないものとして希少価値が高く、レアメタルの価格高騰が続いています。

埋蔵量が多い国は中国 アフリカなど限定された地域であることから、安定供給には不安があります。

そして、まだ埋蔵量が分かっていない未開の地などもあることから、レアメタルを巡る埋蔵量の正確な数値は確認されていません。

レアメタル消費大国日本としてはレアメタルのリサイクル促進などに力を注ぎ、レアメタル確保に必死です。

埋蔵量が多いとしても限りある資源であることは間違いないことで、レアメタルもまた原油と同じ道を辿ることになるのでしょうか?