携帯とレアメタルの関係 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

携帯とレアメタルの関係

携帯電話など電子製品の製造に欠かせないレアメタル

携帯電話の販売店に顧客へのリサイクル情報の説明を義務付けています。

レアメタルの一種であるパラジウムやプラチナを含む金属は、細かな加工が可能で携帯電話の微細部品の材料に使われています。

携帯電話1万台を回収すれば、合計200〜300グラムの金が採取できます。

携帯電話の販売店に対し、1台に含まれるレアメタル量や個人情報の流出防止策を購入者に説明することを義務付ています。

リアメタルの確保のためにもリサイクルへの抵抗感を払拭し、資源の有効利用に理解を求めることが携帯電話の販売店に求められていることです。

レアメタルの回収数によっては、携帯電話本体の価格にも影響するということにもなります。