レアメタル相場はどう? レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタル相場はどう?

レアメタル相場は高騰の一途を辿っています。

ハイテク機器には欠かすことのできないレアメタルですが、鉱石からの精錬技術が追いつかないという現状を受け、消費に対する需要が足りないことが背景にあります。

金や銀といったメジャーメタルにおいては、この需要と供給の関係の他に、マネーゲームの対象となり、高騰という場面がありますが、レアメタル相場においては、そこまで市場が成熟はしていません。

今、そんなゲームの対象になってしまったら、今あるハイテク機器の値上がりと言うことになります。

ハイテク機器といっても、今の日本において使われている自動車、液晶テレビ、携帯電話
など、日常的に使われているものばかりです。

ですから、メジャーメタルからの副産物からのレアメタルの生産が始まっています。

それでも、レアメタル相場は高いままなのが現状です。

この先、市場にレアメタル相場が派手に登場することにならないことを期待する需要側の思惑もありますが、もし、市場にレアメタル相場が主役となるときがあれば、高騰は間違いなし。

かなりのおいしい相場展開が期待できるというのは、投資家の狙いです。