レアメタルの歴史 レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルの歴史

金の歴史は長く、世界中の遺跡から発見され、錬金術という言葉も昔から使われています。
一方レアメタルの歴史は金と比較しても短いです。

プラチナが金属として製造されたのは、1800年くらいといわれています。ですから、近代に入ってからのものなので、歴史から言ってもまだ200年くらいということになります。

歴史が浅いということもあり、希少なものとしてレアメタルといいますが、実はまだあちこちに眠っているという可能性も大いにあります。

実際、レアメタルの産出国は世界でもごく一部に限られていますが、未開発の地に関しては、レアメタルの歴史の始まっていないということです。

レアメタルの一つプラチナなどは、装飾品としての価値が高いですが、実はプラチナ他レアメタルは、工業用として需要が高まっています。

ですから、第二のレアメタルの歴史が今始まっているという言い方もできます。