レアメタルの特徴とは? レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタルの特徴とは?

レアメタルは、存在量が少ない金属や、経済的・技術的に抽出困難という特徴がある金属の総称です。

ごくわずかな量を添加するだけで製品の機能を高めることができる特徴があります。

そのリアルメタルの特徴を利用して、家庭用品から産業機械、ハイテク分野の製品まで幅広く用いられています。

レアメタルは、抽出されるだけではなく、銅・亜鉛・ニッケルなどの「ベースメタル」の副産物として生産される特徴もあります。

ということは、銅などのベースメタル部分の量が多いとそれだけ多くのリアルメタルも取れるということです。

しかし、レアメタルもベースメタルも資源ですから、限りがあるものです。また、精錬には高度な技術や大量のエネルギーが必要とされていて、資源の埋蔵量が少なく、埋蔵鉱量や生産量が特定の国だけに偏っているという特徴もあります。