レアメタル業界について レアメタルの投資信託ファンド・関連株銘柄で資産運用

レアメタル業界について

現在注目されている業界で、レアメタル業界の価格高騰が話題となっています。

レアメタルとはプラチナやリチウムなどの31種類の希少金属を指します。

レアメタル業界の鉱物のすべての存在量が少ないわけではなく、精錬の費用が高いほか、鉱床を発見しにくいものが多く見られます。

ニッケルは中国の経済成長に伴って需要拡大し、価格高騰の幅はしており、2007年5月には2003年のはじめに比べて7倍の水準にまで上昇しました。

代替品があるニッケル価格は落ち着いていますが、それでも中国など新興国での需要は堅調です。

また、生産量が少ないレアメタル業界ですから、産出国が偏在しているため、価格が上昇しやすくなっています。

日本はレアメタルの大半を輸入に依存していることから、調達に支障が出た場合、製造業が大きな打撃を受けることになりま。

日本のレアメタル業界の生き残りとしてリサイクルに注目が集まっていますが、高いコストがかかるため、なかなか進んでいないのが現状です。